Uncategorized

流れ星をつかまえる道具

流れ星とはひらめきのことです。 ふと思いついたアイデア、ご法話を聞いて自分が感じたこと、誰かに話すために覚えておきたいこと。しかし、流れ星はすぐに消えていきます。 ああ、この気持ち、覚えておこう!と思っても大概無理です。ひらめきとは脳のニュ...
仏教のこと

後生の一大事②だけどやっぱりカレーが大事

前ページのつづき (ほんまやなぁ。後生なんか実際、どうでもいいなぁ、あー、昔のこと思い出してきたぞ・・・。法話会中なのに) 20歳くらいの時の富山親鸞会館での聴聞時の私の様子が湧いてきました。片道5時間くらいかけて参詣しているのに、集中して...
仏教のこと

ある日の法話会 後生の一大事①

ある日の法話会のテーマは「後生の一大事を説明してみよう」でした。「後生の一大事」って聞かれたことはありますか? 「後生(ごしょう)」とは今生(こんじょう)の次の世界で、死んだ後生まれる世界、「一大事」とは自分に起こる悪い方の大変な出来事と私...
Uncategorized

マザーテレサの言葉

前回は言葉の力について書きました。自分のたった一言が相手の生死にかかわることもありますね。言った張本人は言ったことを覚えていないこともあります。だから、剣というか、言葉は矢かもしれません。現状は。 だからこそ、私は魔法のステッキがほしいです...
Uncategorized

言葉は剣?

今日は言葉について書いてみたいと思います。 私たち人間は言葉を持っています。何かを考える時も、感じる時も頭の中では言葉が浮かんでいます。仏法のことを先生や同行の方に話すときも、言葉を使って伝えることになりますが、自分の気持ちをうまく言葉で表...
仏教のこと

ちいさな幸福

5年前の自分に言ってやりたいことを書きます。 あなたは今そこにあるちいさな幸福に気づかない。もっとすごい幸福、圧倒的な幸福を夢見る。滅多にないで、そんなの。 お金が大好きですね。お金があれば、世の中のこと、大概できると思っています。名誉も引...
仏教のこと

オセロの四隅をとる(2)

日常生活で変わったと思うことをもっと具体的に・・・ ・人間関係について、相手が絶対悪い!という場合にも、相手にもそうせざるを得ない理由があると感じ、相手にやや寛容になった・私に関わってくれている人とは前世からの余程の縁で出会うから大事にした...
仏教のこと

オセロの四隅をとる(1)

心境が変わった後、日常生活の苦しみはどうなるのでしょうか。今回はそのことについて書いてみたいと思います。 私が感じていることを書くと、例えば「オセロゲームの四隅のマスをとる」という感じかなと思います。私のコマが黒で、日頃の次々出てくる困りご...
仏教のこと

みすゞさんのお誕生日

4月11日は私が好きな童謡詩人の金子みすゞさんのお誕生日です。 高校生の頃何気なく書店で手に取った紫色の表紙の詩集、パラパラっとめくって読んでみると、なんだかハッとする独特の感性の持ち主だなーと思いその詩集を手に取りレジへ。そのまま親友への...
仏教のこと

素直な人

前のページで「どうしてこうなったのか分からないけれど」と書きましたが、読み返して曖昧だと思い、この時の自分の気持ちについてもう少し書いてみたいと思います。 仏法のことでなくても、成功=複雑なことが必要、思ってしまうことがありませんか。なんか...